読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

久留米つばきカップTT in草野2017 レースレポート

【リザルト】
20:21 11位/102位 (252w)
 
【移動】
4:00起床:のど痛い。鼻水ドバーッと。花粉かな。
6:24宮原SA 3600円。
7:27久留米インター出る。
8:00頃に到着。車でコースの試走の予定だったが出来ず。それからバタバタと準備していると、アップも出来ずに開会式へ。
 
【レース】
開会式後、スタート地点へ移動。スタートは30秒ごとに1人ずつスタート。出走まで1時間ほど時間があり待っていると、パラボラの方から声をかけられる。その方から激坂まではペースを抑え気味で行った方が良い!必ずバテると言われ、その方の言う通りの作戦で行くことに。そして、今回はパワーメーターがついてるので230wを目安に走る。 
 
いよいよスタート。作戦通り抑え気味で行く,,,,予定が初めから300w超える。これは確実に最後まで持たない!と思いダンシング多用で登る。
 
しばらくすると、激坂区間へ。2分間ケイデンスが40前後で登る。上ることで精一杯。他の参加者は蛇行しながら上っているが、意地でまっすぐ上る。
 
激坂区間が終わると傾斜が緩くなる。そこで少し足を緩め回復し、また頑張る。ゴールまだかな〜と思っていると、カーブ曲がりきって急にゴールが現れる。慌ててもがいてゴール。しかし桜島ヒルクライムほど苦しくない。不完全燃焼・・・。
 
【閉会式】
 今回から10位まで表彰されるらしく、自分は11位で10位の方と10秒差だった。悔しい。
 
【反省】
 今回は着にからめるわけなかろうと思っており、準備を怠っていた。表彰まであと10秒届かず。試走していれば・・・アップをしていれば・・・など思ったが、たらればを言ってもしょうがない。今後はどんなレースであっても、一つ一つの準備をしっかり行って、後悔のないレースをしたい。
 今回パワーメーターを基準にして230W(20分)を目安に走ったが、ログを見ると252W(20分)だった。練習では出ないような出力が、大会だと出るのかと驚いた。言い換えれば、練習でもっと追い込める余地があり、またレースに出ることが最高の練習なのかなと思った。
 今回の大会は参加費が3000円と安く、参加賞も良く(MUURのソックス)、割と近く感じた(移動時間も約3〜4時間)ので来年も参加したいと思った(けど九チャレにも出てみたい!)。
 

f:id:pon0822:20170320142230j:plain

 使用機材